ブラックリストとクレジットカードの現金化の関係

現代車コーティングの乱れを嘆く > 現金化 > ブラックリストとクレジットカードの現金化の関係

ブラックリストとクレジットカードの現金化の関係

ブラックリストという言葉は誰しもが聞いたことがあるかと思いますが、はっきりいってブラックリストというものは存在していません。都市伝説の一つだと思っていて問題ありませんが、ブラックリストではなく個人情報としてしっかりと管理はされています。 

ブラックリストと呼ばれているものは信用情報のことであり、この信用情報というのは借入に関する情報が全て掲載されています。

例えば、誰がどこの消費者金融に申し込んで、どこにいくら借入しているというところまで確認することができます。

これは金融業界の人間が共有して確認することが出来るので多重債務などの防止にも役立つシステムとなっています。

 

この、信用情報によって借入が出来るか出来ないかを判断されますが、すぐに現金が欲しいという方はこの信用情報が壁になってしまうことがあるはずです。今は真っ白でも過去に何かしらの金融事故を起こしていたりすれば審査に通らなかったりします。通ると思っていたものが通らなかったら焦るはずです。

 

お金が欲しい歳に金融機関での借入を考えるとどうしても、こういったリスクがありますので、それ以外の方法も事前に考えておいてください。その方法の一つがクレジットカードの現金化となります。クレジットカードを持っていて利用枠がまだ空いている場合はその枠内を現金化してくれます。

 

手数料を取られて、さらにはその現金にした分もクレジットカードのローンとして残るので利息も取られますが、とにかくすぐにでも現金が欲しいという場合であればそういう方法を使って見ることをオススメします。

ただ、自分で全てやるのであれば問題ありませんが、業者にやってもらう場合はきちんと業者についても調べることをオススメします。

クレジットカード現金化業者の評判



タグ :

関連記事

  1. 注文後すぐに10,000円が振り込まれていました。
  2. ブラックリストとクレジットカードの現金化の関係